キッチンリフォーム

●Ⅰ型キッチン
コンロ・作業スペース・シンクを1列に並べたキッチンのレイアウト、最も基本的で実際にも多く見られます。キッチンのレイアウトの種類は他に、L型キッチン、Ⅱ型キッチン、U型キッチン、アイランド型キッチン、ペニンシュラ型キッチン、L型ペニンシュラキッチンなどがあります。
●対面型キッチン
居間や食堂に対面する形で炊事作業できるような開放的なキッチンレイアウトです。子供の様子などを見ながら作業することが出来るため、人気がある配置設計です。
●アイランド型キッチン
シンク・調理台・加熱調理機器等を島のように壁から独立して配置するレイアウトのキッチン設計です。このレイアウトを採用するには、比較的広い空間が必要となります。
●シングルレバー混合水栓
キッチンや洗面台でよく用いられる混合水栓の一種で、レバーを動かすことで、吐水・止水や水量・温度調整ができ水栓金物です。通常、上下に動かすことで、吐水、止水、水量調節ができ、左右に動かすことで温度調整できます。
●ハンドシャワー混合水栓
基本性能はシングルレバー水栓と同じで、吐水口部のホースが伸びるハンドシャワータイプです。シャワーヘッドを引き出してシンク内を隅々まで自由に洗うことができる便利な水栓です。
●ビルトイン浄水器
浄水器本体をシンクの下に設置した浄水器です。ワークトップ(天板)に穴を開けて、浄水器用の水栓を設置したりするのが一般的なケースです。
●無水両面焼きグリル
トレーに水を張らず、魚を裏返さずに両面を焼けるので手間が省けます。焼く時間と焼き加減を自動コントロールできるタイプなどもあります。
●キッチンパネル
キッチンのコンロ周辺の壁面に取り付ける壁面パネルのことです。耐火性が高く、油や臭い、汚れがつきにくいステンレスやアルミ、タイル、ホーローなどが主に用いられ、近年は、油やカビで目地が汚れやすく掃除が大変なタイルに代わって、目地が少なく、お手入れしやすいホーローやステンレスが好まれています。
●人工大理石ル
アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材で、大理石の代用品としてキッチンの流しなどに使用されるています。加工性や着色性に優れ、型があれば量産性にも優れ、その場合はコストパフォーマンスにも優れ、割れにくく耐久性もあります。、

≪キッチンリフォームのお打合せ時は何かと専門用語がでてまいります、少しお勉強してみては如何ですか?≫