●赤松(あかまつ)
国産の針葉樹のことです。幹は曲がりやすく、枝も太いので、製材したときに大きな節が出やすい木材。強度が高いため、骨組み材の梁など使われるほか、床材などにも使用されます。
●スプルース(蝦夷松)
シベリア産の径の大きな針葉樹のことです。木目がつまった、材質が均一の幅広材が得られます。障子やふすまなどの建具や鴨居・敷居などによく用いられます。
●樫(かし)
国産の広葉樹。強度に優れる反面、加工性に難のある木材です。肌目が粗く、独特の木紋様が表れます。敷居などによく用いられます。
●唐松(からまつ)
国産の針葉樹の中で唯一の落葉樹のことです。製材の際に小さな節が多く出やすいため、強度はありますが、割れも起こりやすい木材です。土台・柱・屋根下地などによく使用されます。
●乾燥
乾燥が不充分だと、伸縮・割れ・反りなどが発生しやすく、よく乾燥された木材は強度があり、品質も保たれます。乾燥方法は人工乾燥と天然乾燥があります。
●けやき(けやき)
国産の広葉樹。木目が美しく、くっきりと出る高級木材です。耐腐巧性、耐水性にすぐれ、高強度です。内外装から構造材まで幅広く使用されますが、高価です。
●広葉樹(こうようじゅ)
葉の面積が広い樹です。針葉樹ほど比重の差はなく、材質は硬いです。タモ・カシ・ミズナラなどが有名です。
●針葉樹(しんようじゅ)
葉形の多くが針葉の樹です。早材(春に成長した部分)が軽くて柔らかく、晩材(夏・秋に成長した部分)は重くて硬い。ヒノキやスギなどが有名です。
●杉
日本固有の針葉樹です。木目は真っ直ぐで軟らかい上に加工しやすく、独特の香りがします。柱などの構造材、天井・壁・床など仕上げ材等に幅広く使用されます。
●タモ
国産の広葉樹。年輪がはっきりしていて、美しい木目が表れる木材です。強度があり弾力性に富んでいます。真っ直ぐな木目を生かし、家具・内装・合板などに多く使用されます。
●桧・檜
国産の針葉樹。乾燥性が極めてよく、狂いにくい木材。耐水性や耐久性に優れ、木肌は独特の香りと光沢があります。柱・土台・縁甲板など幅広く利用されます。

≪リフォームをされる前に、木材のお勉強をしてみてはいかがですか?≫