●インシュレーションボード
木質繊維を紙のように漉いて常温乾燥して成形した材料のことです。多孔質で軽く、吸音性・断熱性に優れて、内外装・屋根などの下地に使用されます。
●内断熱
壁の中でも、外壁下地の内側に断熱材を設置する方法。断熱材コストは安価ですが、内部結露(壁の内部に露がつく現象)を発生する場合もあります。
●グラスウール
主に住宅の屋根・外壁・床に用いる断熱材の一種。珪砂(ガラスの原料)を主原料にした綿状のものを、筒状や板状に加工したものです。最もコストが安く一般的によく利用されていますが、湿気を通す欠点もあります。
●結露
大気中の水分が、冷えた壁面やガラス面に触れて水滴となって表面に付着する現象のことです。カビの発生や、腐食の原因となる為、断熱などの防止措置が重要です。
●硬質ウレタンフォーム
主に住宅の屋根・床・外壁に用いる断熱材の一種です。ポリオール、発泡剤などを混ぜたものでパネル化したものと現場で原液を吹き付けるものなどがあります。
●高発泡ポリエチレン
主に住宅の屋根・外壁・床に用いる断熱材の一種。ポリスチレン樹脂に発泡剤などを混ぜた板状のもので耐水性・柔軟性に優れ、防湿フィルムなどにも使用されています。
●セルローズファイバー
主に住宅の屋根・外壁・床に用いる断熱材の一種。古紙やパルプを主原料にし、細かい綿状にしたもので調湿効果があります、有害物質などは含みません。
●外断熱
壁の中でも、外壁の下地の外側に断熱材を設置する工法です。壁の中での温度変化が少ないため、内部結露(壁の内部に露がつく現象)の発生を防ぐことができます。
●断熱性能
熱の流入・流出を防ぐ性能のことです。物質がどの程度、熱を伝えるかの熱伝導率(割合)でその性能を示します。
●ロックウール
主に住宅の屋根・外壁・床に用いる断熱材の一種。安山岩などを主原料にした綿状のものを、マット状やフェルト状に加工したものです。吸音・断熱・耐火性に優れています。

≪リフォームをされる前に、建築材料断熱材の種類について勉強をしてみてはいかがですか?≫