●畳縁(へり)
柄は様々あり、最近では無地や縁(へり)自体が無い縁無し畳も流行っています。柄選びによっては畳や和室の雰囲気ががらりと変わるので、『畳の服』とも言えます。
●表替え(おもてがえ)
新しい畳表(ござ)に張り替える事。畳へりも同時に新しくなります。
●新調(新床)
畳ござと床材をすべて新しく製作することです。
●糸引き表て
経糸(たていと)に綿糸を使った畳表のことです。 選別された良質なイグサで織り上げた畳表は、麻綿ダブルのものより高級な場合もあります。綿糸という性質上、 それほど沢山のイグサは織り込めないので、耐久性は麻引きや麻綿ダブルより劣ります。畳床に馴染みが良く 、仕上がりが割合綺麗になる事から、下手な麻引き表よりこれを好む業者さんもいます
●麻引き表て
経糸(たていと)に麻糸を使った畳表のことです。糸引きより経糸が太く、より 多くのイグサが織り込める為、耐久性に優れています

≪畳張替えリフォームのお打合せ時は何かと専門用語がでてまいります、少しお勉強してみては如何ですか?≫